愛 get pissed, destroy!

愛の怒りでぶっ壊してやる!

平成最後の夏が

終わりますよ!!!

夏っぽいことしましたかみなさん!なんか今年は酷暑だなんだ騒いでたら台風どっかんどっかん来たりでてんやわんやですね!どうした夏!異常気象だ!平成最後だからなのか!? 

そんな異様で熱い夏、推しくん各位も大忙しの大盛り上がりで、わたしも熱い夏を過ごさせていただきました。やー今年の夏はたーのしかったなあ!

 

 

まず!Mくんのグループが新譜をリリースして、そのレコ発ツアーがありました!これがめっちゃくちゃ楽しかった!

新譜がリード曲含め夏寄りな曲が多かったのもあり、ツアーもセトリ然り衣装演出然りセット然り、ものすごく夏を意識した内容になっていて。新曲もビーチボールなんかの小道具を使った夏っぽい振付になっていたりと、まるでメンバーと一緒に遊んでいるかのような気分を体感できたり。1回のライブで1シーズン分の夏を全部体感できちゃう夏特盛パックの叩き売り状態!みたいな感じで、すっごく楽しかったなー!

グループとしても何かをコンセプトにライブを作るというのが初めてのことだったんですけど、もーーーほんっとにめちゃくちゃ上手いこと表現してて!元々夏っぽい雰囲気があったグループなので余計にかもしれないですけど。いやほんとしかし夏めっちゃ似合うやんこのグループ…

あ、そうそう!その新譜の中に、1曲Mくんが持ち込んだ楽曲があったんです。元々メンバーの意思が尊重されやすくて各々の意見で活動内容の決まるようなグループなのでメンバー持ち込み自体はそんなに珍しくはないのですが、今回この曲に懸けるMくんの想いがちょっといつもと違って。発売前から「この曲楽しみにしててね!」ってたくさんたくさん言われてたんですけど、発売されて聴いてみたら「なるほどな」って思ったし、更にツアーで振りのついた完成形を観た時にはもう…なんだろう、納得すると同時に感動すらしてしまって。Mくんが「この曲やりたい」って言った意味もすごくよくわかったし、曲や振りに乗っかったMくんの想いがとにかくもうなんか、嬉しかったんですよね。聴いて観るだけで、あ~~~Mくんだな~~~~~って感じたんです。振りが所謂リリカリティヒップホップっぽいのも良かったな〜

 

 

Mくんのグループのツアーでもうだいぶ夏満喫したな!今年の夏思い残すことねーな!って思ってたら、そのツアファイ翌週から始まったKくん出演の舞台もものすっごく夏でした。しかも古き良き夏休みのお話で。あらすじにもちらりと「夏休み」って単語は出てたんですけど、でもこんながっつり夏の話だとは思ってなかったので驚きました。いやあびっくりした。お話もすごく素敵で、多分、毎年夏になったら絶対にこの舞台のこと思い出すだろうなって思います。もーだばだば泣いた。

最近のKくんは感情を表に出さない役や、隠さなきゃいけないような役が多かったんですけど、今回は久しぶりに感情をそのまま表に出して、かつその感情のままに行動するようなキャラクターだったので、「よっ、ひさしぶり!」って感じでした(?) この役がねー、またすごく良かったの!最初は気の良いにーちゃんだと思ってたのに実はどうしようもないドクズだったっていうギャップ!ほんとにまさかそんなクズだとは思わなかったので、2回目からは「この人今こんなええこと言うとるのに実はドクズやねんて…嘘やん…」という気持ちでいっぱいでした。気のいいにーちゃんやなかったん…?そういった役柄が久しぶりだったので嬉しくもあったんですけど、ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ、複雑な気持ちにもなりました…笑

 

 

あとはYくんのグループなんですけど、毎年夏の恒例行事が今年は諸事情でなくなってしまいまして… まあでもMくんたちとKくんがここまで夏満喫させてくれたらもう大満足ですありがとうございます!でも来年はYくんたちも夏させてくれるといいなー!(夏させてくれるとは)

 

 

あ、そうそう!あと夏の初めにw-inds.Fesにも行ってきました!

度々書いている通りわたしはダンスボーカルに関しては所謂出戻りなのですが、実はその以前推していたグループというのがライジングのアーティストさんでした。だからw-inds.さんのことも何度か見ていたので、久しぶりに観れてすっごく懐かしかったなー!

そもそもダンスボーカルというかボーイズグループって色々な大人の事情で発展しづらい界隈で、その中でもライジングのグループって特にその影響を受けてるわけで。でもそんなライジングのグループが主体となって、日本で初めてダンスボーカルグループだけを集めた野外フェスを開催した。これってほんとにすごいことで!わたしの推しグループも出演していて、中には以前からw-inds.さんのファンであることを公言しているメンバーもいるんですけど、推しグループだけじゃなく出てくる若手アーティストみーんなw-inds.さんの楽曲を聴いて育ってるんだなって、MCやコラボでもすっごく感じて。推しグループもコラボ中ものすごく幸せそうで、見てるこちらまで嬉しくなっちゃいました。それにしてもコラボ企画全グループほんとにほんとに素敵だったしこれっきりなんて勿体無い!w-inds.さんも言ってたけどガチでトリビュートリリースしましょうお願いします。この要望はどこに出せば通りますか?

w-inds.さんのステージはコラボ含め後ろの方でお酒を飲みながらゆるっと大人見してたんですけど、わたしがライジングのアーティストを推していた当時はまだ未成年で当然お酒なんて飲めなかったんですよね。w-inds.さんって常に海外で流行ってる音楽を日本にいち早く持ってきて常に最先端にいて、常に進化し続けてるイメージがあるんですけど、それでもマインドというか、根本的なところはなにひとつとして変わってないなって、ちょっと嬉しくなっちゃいました。本当にいつ振りか思い出せぬほど久々に、とっくの昔にお酒も飲めるようになっちゃってたほど久々に観たのに、それでも違和感なくスッとあの頃と同じ気持ちで見れたのがなによりも嬉しかったんですよね。千葉さんのモナリザのプリントされたTシャツを「あー!ライブ良かったから涼平くんのモナリザも笑ってるよ!」「ほんとだすげー!」「モナリザって笑うんだねえ」「へー…って最初から笑ってるわ(笑)」って3人でゲラゲラ笑ってたのとかまさにw-inds.って感じだった(笑)

w-inds.さんが今夏リリースしたアルバムのタイトルが丁度今現在の3人の年齢を足した「100」って聞いて、計算して「もうそんなになったの!?」って驚いたんですけど(誰目線)、でもそれだけ長い間最先端に居続けて活動できるってすごいことだと思うんです。そりゃ若手みんな憧れるしこんなすげーイベントできちゃうわって。推しグループもそんな長く続くビッググループになってくれると嬉しいな!

 

 

 

✎何かあればお気軽にどうぞ! - うりさんのお題箱

過去記事をいくつか下書きに戻しました。引用されている記事などは下げていないはずですが万が一不都合などあればそれもお題箱の方へお願いします。