もしも逃げてしまえば

推しを求めて三千里の途中です

新たな推しができそうというはなし

グループというものに属したいのですが、このブログって何になるんでしょう。推し事カテゴリとかあったら間違いなくそれなんだけどなあ…


さて以前のエントリの通り、わたくし絶賛推しロスなうで御座います。Sくん〜〜すきだよ〜〜〜 とこのままではSくんへの届かぬ愛を叫び続けるだけの亡霊へと化してしまいそうなので、そろそろ新しい推しさまの存在が欲しいところ。
いやあのね?Sくんのことはもちろん大好きだし、きっとこの先もそれは揺るがないでしょう。しかしこのままSくんただひとりを思い続けていくのは正直キツい。きっかりゼロになった供給を、いつあるかわからないというかむしろ今後一切ないかもしれない供給を待ちながら、思い出という名の霞だけでなんとか食い繋ぎながら生き続けていくのは、ちょっと生き地獄が過ぎるんじゃないか?と。元々オタク気質で好きなものがないとやっていけないタイプの馬鹿なので、こんなに長い期間推しロスしてればそろそろ禁断症状とか発症しそうでこわい。あ〜〜誰か推せる存在をくれ〜〜

 


と、思っていたところに気になる人ができました。某ダンスボーカルグループでダンサーを担うYくんです。
元々バンドものを聴き始める前はダンスボーカルをずっと追い掛けていて、でも推しの脱退があったりで界隈ごと他界してたんですけど、ひょんなことから出戻りまして。そしてひょんなことからYくんに出会ってしまって。一目惚れでした。ものすごく整った綺麗なお顔をしていて、神秘的で、知的で、だけど笑顔が無邪気で、ああ可愛いなあーって思っているうちにあれよあれよとdive to the 沼、しかけてます。


ただねえ、第一印象と実際の彼はものすっごくギャップがあって、まずとんでもない馬鹿だった。クイズ番組にて「“我輩は猫である”の続きを答えなさい」という問題に自信満々に「まだ犬ではない!」と即答したり、パシフィコ横浜公演のDVDを宣伝する際に躊躇いなく「横浜アリーナ」と言いメンバーに「いつ立ったんだよ!」と厳しめの突っ込みをされていたり。またとんでもなく落ち着きがなくおっちょこちょいな為、突然トンデモ行動をしてしまうこともしばしば。たったひとりで言動共に天然ボケの大渋滞を巻き起こし、メンバーに「手に負えない」と突っ込みを放棄されることも少なくありません。第一印象の神秘的で知的とかいう印象はどこへやら。本当に同一人物ですよね?あれ?

あと一目惚れっつったけどなんかビジュアルの高低差が激しいタイプでしかも一目惚れした時はたまたまめちゃくちゃ仕上がってた瞬間らしく、普段はそこまで好きな顔ではねーなと思っ

すみませんファンの方殺さないで…悪気はないっす…(一番タチが悪いタイプ)


だけど、踊ってる時のYくんは普段の姿なんて微塵も感じないくらい堂々としていて、ものすごく格好良いんです。元々メンバー内で一番ダンス経験があることもありますがそれ以上に実力で“ダンスリーダー”なんて言われてるくらいで。技量ももちろんなんだけど、何より表現力。楽曲の世界観の中の主人公を見事に演じきるかの如く踊るんです。一曲の中でもくるくる目まぐるしく変わっていく、魅せる為の表情が本当にすごい。目を奪われる。間違いなく。そのせいで気付いたらとんでもなくのめり込みつつある。だってあんなに魅力的に踊れる人、Yくん以上の人、いままでいなかったもん…!

 

だがしかし。Yくんの現場はとんでもなくお金がかかる。まずチケット代がバンド界隈の比じゃない。さすがに諭吉が飛ぶことはない(…よね?ないよね?ド新規すぎてちょおビビってるんだけど大丈夫だよね?ねえ?ちょっと?)けど、まあまあする。更に物販にトレーディング形式が採用されている。ブロマイドやらアクキーやら、更にそんなものまで!!?という小物ですらトレーディングの嵐。メンバー数もどこぞのやれ選挙だやれじゃんけんだなどという女性アイドルグループまでとは行かずとも、ダンスボーカルにしてはまあまあな人数がいるのでこれは痛い。そしてド新規なので交換相手がいない。これについてはSNSを活用する他ない…かんばろ。そして極め付けは新譜の特典である。店舗ごとに絵柄の違うトレーディングブロマイドが存在する*1他、FC限定版では接触もできたりする。が、そこがまた難点でして。CD1枚につきお好きなメンバーひとりとハイタッチができます、わーい、ぱちぱちー。ってちょっと待て。ハイタッチって一瞬じゃん。しかもメンバー全員じゃなくて推しオンリー。流れ作業もいいところである。ファンはあれか?ベルトコンベアを流れていく大量生産製品か?それを推しが捌いてくんか?推しいつから工場で働き出したの?生活苦しいならわたしが、わたしたちが積めばいいんだよね?…あれちょっと待ってそれってつまり…CD買えばおっけーなのでは……?(そして冒頭へ戻る)(そもそも推しは工場で働いていない)

…失礼、取り乱しました。いやあわたしが以前ダンスボーカル推してた頃って丁度AKB商法というものが少しずつ広がり始めたところで、あってもCD1枚で全握、とかだったんですよ。なのに出戻ったらこんな感じになっていて。Yくんのグループが特殊なのか?と思い以前の推しグループの接触調べたら割とエグいことなってて結構ショック受けました。ハイタッチ程度で騒いでちゃダメだな…こういうのをジェネレーションギャップと言うのだろうか…

 

いや別に、お金のかかることに関しては全然構わないんですよ。むしろ若さを消費してまでわたしたちオタクに夢と希望と生きる活力を与えてくれる推しに、それに見合うだけの対価を支払うことができるというのはむしろもう最高のご褒美と言ったって過言ではないと思う。どんどん貢いで行きたい所存。だがしかし、わたしの収入にも限度がある。その限られた財源の中から推しへ振り分けられる金額も自ずと決まってきてしまう。そりゃあ全力で削れるもんは削るし回せるもんは回すけど、それでも無理なもんは無理な時だってあるんです。ちくしょう。あ〜〜空から1億円とか降ってこないかな〜〜。全部掴むのは流石に無理でも10枚掴めば10万円だ〜〜。10万円あったらかなり積めるのにぃ〜〜〜〜。

というか、事実一度Sくん脱退直前にガチで破産したわたしのことだから、これ以上にお金のかかる界隈に手を出すとまーじでヤバいのは目に見えている。冷静になれあたし。

 

とりあえず、つべこべ言う前に一度現場に行ってみようと思って、今月行ってまいります。そこでわたしがYくんを見てどう思うのか、乞うご期待。

 

 

それからもうひとり、きっと推しにはならないだろうなとは思いつつ…昔、俳優沼にちょろっと足突っ込んでた頃にすごく好きだった俳優さんがいたんです。Kくん。といっても本当に茶の間程度の応援しかしてなかったんだけど。そのKくん、諸事情により数年前から俳優活動を休業していたのですが、つい最近復帰しまして。そして先日復帰第1作目の舞台を終えたばかり。その舞台を観に行った訳ではないのですが、ずっと更新の止まっていたSNSに、役に対し真摯に向き合うあの懐かしい真っ直ぐな言葉がどんどん並べられていくのを見ていたら、なんか泣きそうになってしまって。来月、また別の舞台へ出るそうなので、行ってみようかなあって思っているところです。俳優沼はマジのガチで泥沼なのわかってるから、ハマったとしてもお茶の間程度に…って思ってはいるけれど。さてどうなることやら。

 

 

と、色々書いたんだけど、実はもうわかっている。Sくん以上の推しなんてそう簡単に見つからないということ。むしろ、見つかってたまるかよ!!と心の奥底で思っているということ。Sくん以上の存在なんか易々と現れるわけがないのです。例えいくらYくんがキラキラした世界で魅力的なダンスを踊れたとしても、Kくんが弱肉強食社会であるステージの上で堂々とした演技をしていたとしても、それでもわたしはただの一般人だけど世界一格好良いギター弾けまっせってちっちゃな箱の狭いステージに立っていたSくんが誰よりも何よりも大切な存在だってこと。

そう、それを思い出す度につらいから新たな推しがほしいなあっておもうのに、結局考えてしまうのはSくんのことなのだから悪循環。はあ。まったく…

以上、新たな推しが出来そうでできないというはなしでした。数ヶ月後のエントリで「ねえ聞いて!推しが!かわいい!」とか騒いでたら笑ってやってくださいよ。ちゃんちゃん。

 

 

*1:タワレコで手に入るのはこの絵柄(内各メンバー1絵柄)、HMVで手に入るのはこの絵柄(内各メンバー1絵柄)…って4店舗分くらいあり、それら全てがトレーディング。自引きでの推しコンプは至難の技では…?